マリンキャスター


marina-report
小樽港マリーナ
日本で最初の第三セクターのマリーナ。
東京夢の島マリーナ
都心から15分の絶好のロケーション。

cruiser-report
クリエイション
超大型艇INFINI80とINFINI110
アインスAリゾート
あのシーレイボートの日本総代理店

event-report
シーボニアマリーナ
マリンフェスティバル
逗子マリーナ
エコフリーマーケット
ボート倶楽部誌とコラボ
東京湾での海遊びを体験

marine-interview
marine-database
cruiser-database

トップページ >> イベントレポート >> Tadamiさん報告会

tadamiさん報告会

藤枝菜生ちゃん、着きましたー!
藤枝菜生ちゃん

桜子、着きましたー!
桜子、着きましたー!

ニューポート江戸川さんに着きました〜♪
円城寺桜子みなさん、こんにちは!マリンキャスターの円城寺桜子です。今日は、マリンイラストレーターのTadamiさん(高橋唯美さん)の「海の駅」各駅クルーズが1年かかって見事フィニッシュしたということで、藤枝菜生ちゃんと一緒に報告会にやってきました〜!!
Tadamiさんとお会いできるのは桜子は今回が初めて。あんなに可愛らしい素敵な絵を描く方が、ものすごい長い時間と距離をかけた壮大なクルージング?!‥想像できないっ!早くお会いしたいですね♪それでは行ってきまーす!

2階のベランダでポ〜ズ☆ ●桜子:会場はニューポート江戸川さんの2階のレストラン部分を貸しきって行われます。
18時半スタートとのことですが、私達は一時間前の17時半に到着♪すでにスタッフの方々が料理や受付の準備をされています!スタッフの皆さんも私達も気合十分です☆
お料理は立食形式で多彩なメニューが出るとのこと。う〜ん、ますます楽しみになってきましたっ!(笑)

会場の和やかな様子
●スタート30分前には大勢のお客さんたちがやってきました。事前に配られたウェルカムドリンクを片手に、気の知れた海の仲間同士で楽しく歓談されているようです。

角野さんと柴田さんの2ショット ●桜子:Tadamiさんの「海の駅」各駅クルーズといえば、東京湾から広島まで点在する「海の駅」を訪ねる壮大なクルージングイベントです。
2008年8月23日ににスタートして、2009年8月22日にフィニッシュ!走行距離はなんと約3200キロ!というおよそ1年間に渡っての長期間の海の旅だったんです☆

●お料理が運ばれてきました♪ボリューミーで趣向を凝らした海の幸やら山の幸やらがいーっぱいです☆ビュッフェ形式ですっごくおいしそうな料理ばかりだったのでどれから手をつけようか本気で迷っちゃいました〜!(笑)でもまずはサラダを…って、ちょっとお皿に載せすぎかな?(笑)
そうこうしているうちに時間になりました。いよいよ始まります!!


タモリさんのVTR ●桜子:Tadamiさん宛てにVTRが届いていたので、まずは視聴します♪誰からだろう…と思っていたら、あの有名なタモリさんからでした!わ〜おっ!!
船長さんの格好をしたタモリさんからのお祝いメッセージが流れました☆
さすが!Tadamiさんは顔が広いですね〜!


Tadamiさんが説明しています♪
●桜子:19時15分、いよいよTadamiさんの報告が始まりました。スライドショーでは豊富な写真で、それぞれの海の駅を紹介していきます。Tadamiさんの軽妙なお話にお客様からのツッコミが入ったりしながら、笑い声で何回もどーっと盛り上がる、楽しい報告会となりました☆

●Tadamiさん: まずは皆さん、今回のクルージングを応援してくださり、ありがとうございました。多くの友人が送り迎えや同乗をしてくれて、大変励まされました!今回のクルーズがこんなに充実したのも皆さんのおかげだと思っています。

また今回、59もの「海の駅」を訪れましたが、多くの駅で歓迎してもらい、「海の駅」の方々と親しく交流させていただきました。現地スタッフさんと海の駅でBBQしたり日常では得られない素晴らしい経験が出来、驚きと喜びの連続でした。

私がいいな、と思った海の駅は、大規模ではないけれど、味のある海の駅ですね。そういうところはオーナー自身の考えが出ている個性的なサービスが多彩で、個人でやっているところが多いんですけどね。例えば、「みかわ駅」ではデザートビュッフェをしており、女性客をターゲットにして独自化を図っていました。こういった個性的なカラーのある海の駅が増えれば、もっと利用者も集まるんじゃないでしょうかね。

クルーズの途中では多くの発見・感動がありましたが、印象的だったのは可能な限りコンクリートを使っていない海の駅ですね。コンクリートを使っていないと、人間的で親近感が湧くんです。あとは近場に森林や滝など豊かな自然環境があるところも人の集まる場所としていいなぁと思いました。


●桜子:Tadamiさんの報告とともにスライドショーで使われた写真は、現地の海の駅のスタッフさんと笑顔溢れるものや、レッドミニからとった臨場感溢れる海の写真など、全てが活き活きとしていました。Tadamiさんのクルーズの充実感が十分に伝わってきました。

同乗したユラタクヤさんも報告
●桜子:途中で、Tadamiさんの学校の後輩であり、レースの解説者でもあるユラタクヤさんもお話をしてくださいました!

●ユラさん:Tadamiさんとは「ぬまず」から「しみず」の海の駅に向かっている途中に、焼津で落ち合いました。
タグボートである「レッドミニ」という小さな船でこんなに大掛かりなクルージングをやり切ったのは本当に凄いですね。Tadamiさんには頭が上がりません。(笑)
私も楽しかったですけど、みんなにも感動をくれる旅だったと思います。


●Tadamiさん:同乗してくれて感謝していますよ!でも彼は一番波の辛い石廊崎では同乗してないんですよね。(笑)

●ユラさん:ははは…すいません。(笑)

本日の主役、Tadamiさん
本日の主役Tadamiさん

司会は角野さん
司会は角野さん

取材中です
取材中です

みなさんが
みなさんが

マイクを持って
マイクを持って

お祝いのスピーチです
お祝いのスピーチです

次の方の紹介
次の方の紹介

タグボートのお話も
タグボートのお話も

写真とともにクルージングを語るTadamiさんTadamiさんの報告会のお手伝いで写真の切り替えをしているのは○○さん。


お祝いのスピーチ
お祝いのスピーチ

花束贈呈!
花束贈呈!

おめでとうございます♪
おめでとうございます♪

さて、休憩をはさんだ後は、Tasamiさんの報告会、後半です☆・・・その前にもう少し美味しいお料理を食べておきたいと思いま〜す。(笑)
司会の植村さん ●桜子:さて、司会は角野さんから植村さんに交代です!
先ほどより会場も心なしか暖まった様子!
植村さん、お酒が良い感じに入ってきたのか明るくてノリノリな司会になってます♪

●Tadamiさん:岡山県にある「かさおか」という海の駅も印象的でした。気軽に海と接することができるよう潮干狩りのイベントなんかも開催していて、とても家庭的な雰囲気なんです。スタッフさん達の対応も親切でしたし、また近くに行ったら立ち寄りたくなるアットホームな海の駅でしたね。

宮島では平清盛の跡地を船から拝めるように建てられたという鳥居をくぐるという体験をしましたよ。船で鳥居をくぐるなんて滅多に出来ないので珍しがって8回もくぐっちゃいましたよ。(笑)


●桜子:さすが全国には色んな海の名所があるんですね!スライドの写真を見ると、本当に海の上に鳥居がぽっかり浮いている感じなんです。なんとも不思議な光景ですね☆
最後にTadamiさんに今回のクルージングについてまとめられました。


釣りアイドル石崎さんからTadamiさんへ花束贈呈
●Tadamiさん:今回の目的のひとつにライフジャケットの普及というのがあるのですが、案外ライフジャケットをつけていない方が多かったんです。もっとライジャケを習慣化しなくちゃといかんなと思いました。

それから個性的で多くの人が楽しめる海の駅も多かったのですが、「海の駅」として登録されているはずなのにプレジャーボートの係留が禁止されているなど、改善の余地のある海の駅もありました。海の駅のネットワークシステムをより強化したいなぁと思いましたね。

今回のクルーズでは予想していた以上にたくさんの反応があり、海の駅の味わいや、検討すべき対策などが見えてきて、大変よい経験となりました。
今回のクルーズで本当に良い「海の駅」とはなんなのか、ということを考えさせられました。やはりサービスの良い、人の集まる海の家がもっと増えればいいなと思います。


●桜子:このような豊かな経験がこれからのTadamiさんの絵にも反映されていくのでしょうね。
素敵な報告を、ありがとうございました!
最後にゲストの皆さんからのお話です。
三船さん(写真左)と石田さん(写真右) ●桜子:今回のクルージングのきっかけを作ってくれた山本さん、そして懇切丁寧にレッドミニのセッティングとチューニングをしてくれた石田さん、三船さんからも挨拶がありました。Tadamiさんとの間に確かな信頼感関係があったからこそ、レッドミニは今回の旅の心強い相棒になってくれたんですね☆

田辺さんから祝福の花束
花束を持ったTadamiさんと百合子さん ●百合子さん:40回ぐらい同乗しました。多分、レッドミニの同乗回数は私が一番だと思います。(笑)

海の駅では多くの現地スタッフさんたちが親切にしてくださって、心温まる体験がたくさん出来ました。それこそ家族ぐるみで歓迎してくれたり、現地の料理をご馳走してくださったり。

こんなに楽しくてワクワクするクルージングに参加できて、とても幸せです。良い経験になりました。
皆さんも応援やご支援ありがとうございました。


浅見社長によるあいさつ ●浅見さん:クルーズの成功、おめでとうございます。私も安心しました。
Tadamiさんが60歳という節目の年に素晴らしい思い出となったのではないでしょうか。
今回のクルーズが無事に終わったところで、Tadamiさんの次の挑戦も楽しみにしています!


●桜子:報告会の最後に、全員での集合写真です!!Tadamiさんのクルージングの大成功にみなさんニッコリ!心から喜んでいる様子が十分に伝わってくる一枚となりました
☆Tadamiさん、1年間本当にお疲れ様でした!!

お手紙を
お手紙を

披露されました
披露されました

Tadamiさ
Tadamiさん

温かいコメント
温かいコメント

会場にいた皆さんと集合写真会場で皆さんと集合写真。皆さん、とっても良い笑顔です!
最後に写真をお撮りしました 報告会にいらした皆さんは、全員がお互いに顔見知り。海の仲間のつながりの深さを感じました。
報告の間には楽しいツッコミ(野次?)があり、最後の挨拶からは、Tadamiさんの成功を心から祝っている様子が伝わってきました。
こんなに多くの応援があるのは、ひとえにTadamiさんの気さくで魅力的なお人柄なんでしょうね。
2008年の前夜祭から報告会開催の今日まで、皆さんのこうした熱心なサポートがあったからこそ、今回の海の駅クルーズは大成功だったのでしょうね。

花束を持つお2人と一緒に♪ あっという間に「海の駅」各駅クルーズの報告会は終わってしまいました。報告会で熱く語るTadamiさんのお話からは、海の旅ってこんなに楽しいんだよ!というメッセージが感じられました。レッドミニという小さな船で大きな目標を達成するなんて本当に素敵です。
ところで、Tadamiさんは今年還暦を迎えられたとのこと。全くご年齢を感じさせない、とてもパワーのある方なんですね。
これからのTadamiさんの益々のご活躍、期待しています!!

1年前のTadamiさん「海の駅クルーズ」 前夜祭は こちら

桜子

報告会で皆さんが垣根なく歓談されている様子を見て、海に携わる人々の明るさ・力強さ・絆の深さを感じた報告会でした☆また、今回の「海の駅」各駅クルーズで終わるわけではなく、海の駅の知名度を上げるため、海の楽しさを知ってもらうため、これからも更なる魅力的なクルーズがもっともっと開催されればいいですね! 2階のベランダにてピース☆
ちなみに、報告会で出されたお料理は、最後のフルーツまでしっかりいただきました☆
次のTadamiさんの挑戦を菜生ちゃん共々楽しみにしていますね♪

マリンキャスター/円城寺桜子

マリン関連サイト

マリンキャスタードットコム

マリンデザイン (flash)

マリンナビドットジェイピー



event-report:マリンキャスターが主にマリーナ関係のイベントをレポートします。
marine-interview:マリン関連の方々のインタビューコーナーです。
marina-database:全国のマリーナ一覧です。
cruiser-database:クルーザーメーカー、販売店などの一覧です。

■ マリンキャスト運営会社 / 株式会社天堂ストラテジー
公式サイト →   サブサイト →  



copyright