マリンキャスター


marina-report
小樽港マリーナ
日本で最初の第三セクターのマリーナ。
東京夢の島マリーナ
都心から15分の絶好のロケーション。

cruiser-report
クリエイション
超大型艇INFINI80とINFINI110
アインスAリゾート
あのシーレイボートの日本総代理店

event-report
シーボニアマリーナ
マリンフェスティバル
逗子マリーナ
エコフリーマーケット
ボート倶楽部誌とコラボ
東京湾での海遊びを体験

marine-interview
marine-database
cruiser-database

トップページ >> イベントレポート >> 海の駅クルーズ前夜祭

クルージング出航前夜祭

Tadamiさんです☆
Tadamiさんです☆

久野さん
久野さん

矢部さん
矢部さん

西村さん
西村さん

大久保さん
大久保さん

前夜祭ですよ
前夜祭です!!

松尾さんとモヤイちゃん
松尾さんとモヤイちゃん

NHKのレポーター大久保さん♪
NHKのレポーター
大久保さん♪

大島さん
大島さん

植田さん
植田さん

浅見さん
浅見さん

Red mini
Red mini

菅澤さん
GTTUG誕生の総監督
菅澤さん

皆さんとパシャリ☆
皆さんとパシャリ☆

海の駅クルーズ
皆さんこんにちは。マリンキャスターの夏目柚香です。マリンイラストレーター第一人者のTadamiさんが「海の駅」を訪ねまわられるそうです。Tadamiさん設計の超かわいいレッドミニが海の駅クルーズに向けて出航するのに先立ち、ニューポート江戸川さんで前夜祭が盛大に行われました。
出航を翌日に控えTadamiさんも緊張していらっしゃるかと思いきや、Tadamiさんも皆さんもすごくリラックスして楽しそう! 明朝の出航に向けてとても盛り上がった前夜祭の様子をご紹介します。また「Red mini」を整備面で仕上げて来られた東京パワーボートセンターさんの様子もご紹介します!


雅弓さん、Tadamiさん、柚香 そもそも「海の駅」ってなんでしょうか?Tadamiさんに伺ってみました!

●柚香:「海の駅」ってあまり聞いた事がないのですが、どのようなものなんですか?

●Tadamiさん:簡単に言うと、「道の駅」の海バージョンのようなものなんです。船で海を渡っているときに、気軽に立ち寄って楽しむことができるんだよね。

夏目柚香 ●柚香:とってもおもしろそうですね!

●Tadamiさん:そうだね。それぞれの土地にはその土地ならではの文化や歴史や自然があるから、それらを訪ねるおもしろさもあるよね。土地の貴重な観光資源に対して海からの観光客を受け入れることによって、その土地もより活気づくしね。

●柚香:素敵ですね。「海の駅」というのはいつ頃から始められたんですか?

●Tadamiさん:発祥は広島県呉市の豊島というところで、当時の豊町の町長の長本憲さんの発案でね、平成12年3月に「ゆたかの駅」として誕生したのが海の駅のはじまりなんですよ。

●柚香:じゃあ今年で8年目なんですね。今は全国にどのくらいの「海の駅」があるんですか?

●Tadamiさん:今では全国に115箇所もあって、誰もが気軽に海から訪ねて楽しんで欲しいという想いに賛同した各地のマリーナやフィッシャリーナが参加して、増えていったんだよ。
●柚香:ご準備などいろいろと大変だったでしょうが、明日の出航に向けて今のご心境はいかがですか?

●Tadamiさん:もちろん不安もあるけど今は楽しみという気持ちのほうが大きいかな。これまで携わってくださった多くの人に対して感謝の気持ちで一杯です。明日から頑張って来ますよ!

整備中です〜 ●柚香:頑張ってください!「海の駅クルーズ」ではどのようなルートを辿るんですか?

●Tadamiさん:東京湾から広島まで点在する「海の駅」を訪ねるんだけど今回予定したコースでは全部でそれが71箇所あって、総走行距離は約2,600qになる予定です。

●柚香:そんなに長い距離なんですか!何だか気が遠くなりそうですね。

●Tadamiさん:時間をかけて旅するからね。2008年8月に出発して2009年の6月までに完走するのが目標なんですよ。

●柚香:長旅なんですね。不安や心配な気持ちはないんですか?

前夜祭の賑やかな会場です☆
●Tadamiさん:不安な気持ちはもちろんあるよ。でも海の仲間達と一緒だからね。毎回この「海の駅」クルーズを楽しみたいという方々が順番に同乗してくれることになっているんだよ。
●柚香:それは心強いですね。そもそもこの旅をするきっかけって一体なんなんですか?

●Tadamiさん:2007年にちょっと用があって瀬戸内海に行ったんですよ。そこで、瀬戸内海の美しさを知って感動したんだけど、ぜひあの素晴らしい海で遊んでみたいなぁと考えたんだよね。そしたら、「海の駅」というのが日本各地にあることを知って、ぜひ海を楽しみながら瀬戸内海までクルーズしてみたいなぁと思ったのがたのがきっかけかな。
●柚香:おもしろい企画ですね☆Tadamiさんと共に旅するボートはとっても可愛いんですが、どのような特長があるんですか?

●Tadamiさん:自分で発案・デザインしたんだけど、「GT-TUG20」という日本初のタグボートスタイルのプレジャーボートなんだよ。船名は「Red Mini」って付けました。絵から飛び出したようなボートを実用化するのはやっぱりなかなか大変だったけどね。とにかく完成してよかったよ。

Tadamiさん ●柚香:Tadamiさんご自身でデザインされたボートなんですか!本当に可愛いですね。こんなに可愛いボートが走っていたらもう注目の的ですね♪

前夜祭ではたくさんの方からTadamiさんに向けての応援メッセージがありました。今回はその中からお二人をご紹介します。まず、舵社の編集長の田久保さんのお話です。
●田久保さん:Tadamiさんのデフォルメで描く絵がとても素晴らしく私もとても好きなんですよ。絵というのは平面的なものですよね? でも、Tadamiさんの絵はデフォルメを加えることによって、立体になって飛び出て来るような感じがするんですよ。Tadamiさんの手にかかれば、ボートがまるで動物のようになったり、擬人化されたりするんですよ。そこがとてもおもしろく心惹かれた部分ですね。そこにTadamiさんの可愛いさが出ている感じもしますしね。

次は舵社のボートクラブの窪田さんのお話です。Tadamiさんとのおもしろい対話が印象的でした(笑)
●窪田さん:私はTadamiさんが連載をしているボートクラブを作っているんですが、今回のこの「海の駅」クルーズを機会に締め切りから逃れようとしているのではないかと思ってとても心配しております(笑)

●Tadamiさん:いや・・その・・大丈夫です!(笑)

●窪田さん:この船にはGPSがついているので、今どこにいるのかすぐに分かってしまうんですよね。だから、しっかりと監視して締め切りをきちんと守ってもらおうと思ってます!(笑)

田久保さん
乾杯の御発声は田久保さん。「BON-VOYAGE」(良い航海を)!!!

Tadamiさんたじたじです(笑) 「海の駅」クルーズにいっても、締め切りは変わらないようです(笑)

颯爽と走る「Red mini」
水の上を颯爽と走る「Red mini」。おもちゃみたいな可愛らしさからはこのスピード感は想像できませんね!

実は前夜祭の1ヶ月ほど前に東京パワーボートセンターに取材に行ってきたんです!ここはTadamiさんの「Red mini」の整備やシェイクダウンをした場所でもあるんです。
●柚香:三船さん、こんにちは! 東京パワーボートセンターってなんだか強そうでカッコイイ名前ですね!

レッドミニに乗ってるんるんです♪ ●三船さん:これは先代がつけた名前なんだよ。イギリスの英語でヨットは「セールボート」、エンジン付きのものは「パワーボート」っていうんだけど、そこから取ったんだよ。

●柚香:ほぉ〜! この東京パワーボートセンターさんは通常はどんなことをされているんですか?

●三船さん:保管してある船の整備や、修理を行ったりしているよ。ここは陸上保管だから、川に船を出したり川から引き上げたりするのも仕事なんだよ。

●柚香:マリーナのお仕事なんですね。東京パワーボートセンターさんは川に隣接していますが、川だからこそのメリットって言うのはあるんですか?

●三船さん:川は海と違って真水だから、船を塩害から守ることができるんだよ。だから船自体がとっても長持ちするんだ。

真剣に作業中〜
●柚香:長持ちするなんて、オーナーさんにはとてもいいですね〜☆

●三船さん:そうだね。エンジンなんかは通常は10年も持たなかったりするんだけど、ここだと20年近く持つ物もあるから、儲からないんだけどね(笑)

●柚香:でも、利用する側としてはとても嬉しいですよね☆(笑)こちらに来て思ったのですが、船の他に水上スキーもたくさん置いてあるんですね。

●三船さん:そうなんだよ。大学のサークルや部活がよくここで練習しているんだよ。いくつかの大学がここに水上スキーを預けて練習をしにきているんだ。

●柚香:皆さん楽しそうですね! 東京パワーボートセンターさんが主催する行事なんかはあるんですか?

●三船さん:そうだね〜、オーナーさん達と一緒に年に1、2回、1泊で三浦半島にクルージングに出かけてるんだよ!実は、明日と明後日で行ってくるんだよ。楽しみだなぁ!

●柚香:いいですねぇ。船を通して、オーナーの皆さんで交流が出来るってとても楽しいですし、船で1泊旅行なんてステキですね☆

船の修理を行っている三船さんの姿はまるで少年のようでした(^-^)本当に船がお好きなんだなぁと実感しました!これだけ船を心から愛してくださる方が「Red mini」を見て下さる訳ですから、とても安心ですよね。
最高のショット☆ Tadamiさんと縁の下の力持ちのお二人と「Red mini」の上でハイ、ポーズ☆
左は東京パワーボートセンター代表の三船さん。
右はホーエイの石田豊さん。船外機のスペシャリストです。
Tadamiさんからは、今回のボート作りには、総監督の菅澤さん、三船さん、石田さんの助力なしには成り立たなかったとのお話もいただきましたが、とても素晴らしい方々に支えられていて、頼もしいですね。そしてやはりTadamiさんだからこそ、皆さん力の限りを尽くされるのでしょうね。

三船さんと3人で☆
三船さんと3人で☆

レッドミニの調整
レッドミニの調整

職人技が飛び交います
職人技が飛び交います

おもちゃの家みたい♪
おもちゃの家みたい♪

中はこんな感じ
中はこんな感じ

雅弓さん決まってます!
雅弓さん決まってます!

きれいな色ですね☆
きれいな赤色☆

後ろもステキです☆
後ろもステキです☆



出発です〜〜!
出発です〜〜!

笑顔の皆さん
笑顔の皆さん

お見送りに来た方々
お見送りに来た方々

Tadamiさん気合十分ですね☆ さぁ!いよいよ出発の朝になりました。整備も万端、準備OKです☆関係者の方が見送りにやって来ました。
Tadamiさんは笑顔で、今回のクルージングの目的を教えてくれました。
(1)「海の駅」の知名度を高めること。
(2)ボートのもっと楽しい遊び方をみんなに知ってもらうこと。
(3)全国の子供達にライフジャケットの着用の必要性を伝えること。
素晴らしい目的ですね。これらの目的達成にむけて出航するTadamiさんの表はとても生き生きと輝いていました。

Tadamiさんのマリンイラストレーターとしての制作風景取材は→ こちら


●柚香:出発時刻の8時になりました。皆さんはお見送りにいらっしゃったんですか。

●見送りの皆さん:そうですよ。私達は別のボートに乗ってクルーザーで途中まで伴走します。本当はずっと付いていきたいんだけどね。

期待に胸を膨らませています ●柚香:いいですね〜!。このあとはどういった予定で航海を続けるのですか?

●見送りの皆さん:これからの日程としては、週末などに2泊3日の航程を何回か繰り返して、年内には大阪に入る予定だそうですよ。

●柚香:私達もTadamiさんをはじめ皆様の無事な航海と、「Tadamiの海の駅各駅クルーズ」のご成功を心からお祈りしています。

伴走するお見送りの方々と一緒に

見送り隊と記念撮影☆
見送りの皆さんと一緒に。Tadamiさんいってらしゃ〜い♪有意義な旅になりますように。
前夜祭の2ショット 今回の「海の駅」クルージングには、本当にたくさんの方々の応援があり、その数以上の夢を乗せているんだなぁと感じました。「海の駅」は「道の駅」のようにはまだ知名度が高くないので、今回のような壮大で魅力的な企画は、「海の駅」をより多くの人に知ってもらう絶好の機会になると思いました。「Red mini」はちっちゃくて可愛いけれど、皆さんの夢と期待が乗っているだけ、実はとってもとっても大きなminiなんです。

Ren mini&三船さん 今回取材で伺った東京パワーボートセンターさんは、「Red mini」の整備を行っている縁の下の力持ちでした。誰よりも「Red mini」を愛していて、良い物にしよう!という熱意がひしひしと伝わってきました。こんな素晴らしい方々のバックアップがあるので、Tadamiさんも本当に心強いのではないでしょうか?きちんと整備されたボートで船旅を楽しみつつも、安全に気をつけながら夢と期待をいっぱいに乗せた航海を続けてくださいね!

夏目柚香
この可愛らしい「Red mini」が出航するまでの過程を取材できて、とても勉強になりました!取材を通して「海の駅」クルージングをとてもたくさんの方が楽しみにしてらっしゃることがすごく伝わってきて、私も同乗してみたいなぁと思ってしまいました。
今回、ニューポート江戸川にて前夜祭を行いました。雰囲気がとてもよく、お料理も素晴らしかったです。ありがとうございました♪ ニューポート江戸川にて

このお忙しい時に時間を作ってくださって本当にありがとうござました。気をつけて、楽しい旅にしてきてください☆いってらっしゃ〜い!ボンボヤージュ☆
マリンキャスター:夏目柚香
マリンキャスター活動紹介サイト
マリンキャスタードットコム



event-report:マリンキャスターが主にマリーナ関係のイベントをレポートします。
marine-interview:マリン関連の方々のインタビューコーナーです。
marina-database:全国のマリーナ一覧です。
cruiser-database:クルーザーメーカー、販売店などの一覧です。

■ マリンキャスト運営会社 / 株式会社天堂ストラテジー
公式サイト →   サブサイト →  



copyright