マリンキャスター


marina-report
小樽港マリーナ
日本で最初の第三セクターのマリーナ。
東京夢の島マリーナ
都心から15分の絶好のロケーション。

cruiser-report
クリエイション
超大型艇INFINI80とINFINI110
アインスAリゾート
あのシーレイボートの日本総代理店

event-report
シーボニアマリーナ
マリンフェスティバル
逗子マリーナ
エコフリーマーケット
ボート倶楽部誌とコラボ
東京湾での海遊びを体験

marine-interview
marine-database
cruiser-database

トップページ >> イベントレポート >> 2008横浜国際マリンエンターテイメントショー

○○○○○○○○○○○○

赤レンガ倉庫
赤レンガ倉庫

すっごい外車も
すっごい外車も

スケジュール表
スケジュール表

運営委員会事務局
石渡さんと事務局ブース内にて
藤枝菜生みなさん、こんにちは!マリンキャスターの藤枝菜生です。今日はみなとみらい・赤レンガ地区で行われている、2008横浜国際マリンエンターテイメントショーにやってきましたよ。あいにくの雨でしたが、とにかく海に関するものからエンターテイメント性を感じさせるものまでテンコ盛りな今回のショー。
まずは、今回のマリンエンターテイメントショーの事務局長である、石渡さんにお話を伺いました。石渡さんはとっても気さくでお話上手!海に関する経験や知識が次から次へと出てきて、その話題の豊富さに一同驚きました。

ブースの外の花束前にて ●菜生:こんにちは!石渡さんは今回事務局長としてどんな仕事をされているんですか?

●石渡さん:このマリンエンターテイメントショーの苦情受付とか、とにかくいろんな調整関連をやっていますよ。昨日はボートのフローティング作業の手伝いをしたりしました。

●菜生:調整をされると言うのはすごいですね。石渡さんしかこなせない一番難しいお仕事ですね。石渡さんは海のエキスパートとお聞きしていますが、マリンエンターテイメントショーの事務局長になられるまでのいきさつをお聞かせください。

●石渡さん:元々私は海が好きでね、子供の頃からよくヨットに乗って遊んでました。船乗りも航海士もやっていたことがあるんですよ。仕事ではボートメーカーに33年勤めましたが、最後の10年でいろんなボートショーをプロデュースする仕事をするようになりました。

●菜生:本当にマリン関係一筋でろいろな素晴らしいご経験をされているんですね。ところで、今回のマリンエンターテイメントショーの趣旨はどういうものなんですか?

●石渡さん:一言で言えば「マリンレジャーの大衆化」を目指したものなんですよ。つまり一般市民の方々に、もっと気軽に海を楽しんでいただける環境を作っていきたい、ということなんですよ。

●菜生:なるほど、それで今回一般市民向けの様々なイベントショーや体験コーナーがあるんですね。

●石渡さん:そうなんです。今年は特にエンターテイメント性を強調しています。ディンギーヨットやウォーターサイクル、ジェットスキーなど、海に関する色々なものを見ていくうちに、「あ、これやってみたいな」と思ってもらいたいんですよね。

●菜生:確かに会場内を歩き回っていると、面白そうな興味のあるものがいろいろあって、どんどん目移りしてしまいます!ところで、ショーは今年で何年目なんですか?

●石渡さん:3年前に始まり、今だんだん形になってきたという所ですね。以前はブラジルのサンバなんかもとりいれて、とにかく賑やかにやってきたんですよ。

●菜生:まさに名前どおりの、エンターテイメントショーなんですね。

●石渡さん:その通りですよ。海に出ると仕事に必要な責任感やリーダーシップなんかも得られますし、私は海から学んだことが多いですね。皆さんにももっと海を知ってもらって、とにかく海に出てもらいたいですね。海からいろいろなことを学んでもらえればいいなぁと思います。
●菜生:素晴らしいですね。マリンエンターテイメントショーをしっかり楽しませて頂きます!


赤レンガ倉庫前にて ●雨にも負けず、イベントで来ていたカッコいい車の前で!

京商
倉本詩穏 ●こんにちは、マリンキャスターの倉本詩穏です。石渡さんへのインタビュー後は、会場入口付近の赤いテントへ! いやおうなしに目に飛び込んで来る赤いテントはラジコンの京商さんのブース。中にはたくさんのラジコンヨットと模型の山があり、目を見張らされます。スタッフの皆さんはとにかく明るくて快活。楽しいインタビューとなりました。
あいにくの雨で残念ながらラジコンヨット体験は行われませんでしたが、数あるブース内でも一際元気よく、ラジコンヨットの販売をされていましたよ!

ラジコン
●詩穏:こんにちは。早速ですが、今日は京商さんはどんなことをされてるんですか?

●浜崎さん:今日は主にラジコンのヨット、ボート、ミニカーの展示や販売を行ってますよ。

●詩穏:わ〜カッコイイですね!ラジコンってどれ位の範囲まで電波が届くんですか?

●浜崎さん:ラジコンの電波は大体50メートルまで届きますよ。普段はあまり馴染みのないものかもしれないけど、ラジコンって実はすごいんですよ(笑)。

●詩穏:50メートルってすごく広い範囲で楽しめる遊びなんですね。オススメの商品はありますか?

●浜崎さん:フェアウィンドVとフォーチュン612Uっていう完成品のヨットですね。こちらは乾電池の単三4本で動くので、手軽に遊べるんですよ。

●詩穏:なるほど、誰にでも好きなときに楽しく遊べる商品なんですね。

●浜崎さん:これはスクリューがついていないので、セールだけで風を受けて進むんです。風を読みながら操作するんですよ、わくわくするでしょ?(笑)

●詩穏:ラジコンの世界にはまる気持ちが少し分かったような気がします!(笑)ところで、こちらの箱はなんですか?

●浜崎さん:これははずれなしのくじで、ミニカーも当りますよ。こちらには、小さいお子様向けの商品もありますし、雨じゃなかったら、ラジコンレース体験もできるんですよ。

●詩穏:エンターテイメントな内容がいっぱいのブースなんですね。ラジコンレース体験とはどういったものなんですか?

●浜崎さん:ラジオコントロールヨットによる速さを競う“デモマッチレース”ですよ。ヨットを操作する喜びを感じられて、とっても楽しいですよ。どなたでも参加できるラジコン体験コーナーも用意してあったのですが、あいにくの雨なのでまた次回のお楽しみですね。

ランボルギーニ ●ランボルギーニの大きなボート!

京商さんブース
京商さんブース

京商さんブース
京商さんブース

ラジコンヨット
ラジコンヨット

スタッフの皆さん
スタッフの皆さん

ラジコン操作
ラジコン操作

ジェットスキー●海上では、ジェットスキーのフリースタイル全日本選手権が開催され、迫力ある数々の技が繰り広げられました。


ウォーターサイクル体験
ウォーターサイクル体験

2人乗り用です♪
2人乗り用です♪

柚香ちゃんとの2ショット
柚香ちゃんとの2ショット

ウォーターサイクル
大沢留美こんにちは。マリンキャスターの大沢留美です。会場内で一際目立つ黄色い乗り物を発見!これはウォーターサイクルといって、なんと自転車と同じように、自分の足でペダルをこいで船を走らせる乗り物だそうです。
留美はウォーターサイクルを初めて見ましたが、天気のいい日に海上散歩なんかできたら最高なんだろうなぁ。


谷さんと柚香ちゃんと3ショット ●留美:こんにちは〜!黄色がとっても鮮やかですね。
●谷さん:そうだねぇ、気分も高揚してなかなかいいんじゃないですかね。今日は雨が止んだらウォーターサイクル体験もやりますよ。

●留美:海の上で実際にペダルをこいで進んでみると想像以上に楽しいんでしょうねぇ。

●谷さん:そうだね、見ると乗るとでは大違いですよ。

●留美:ウォーターサイクルみたいな形のボートは見たことないです。

●谷さん:自分の足で漕ぐだけで水面を自由自在にサイクリングが出来るので、初心者でも気軽に楽しめるんですよ。

●留美:海上でサイクリングだなんて想像しただけで素敵ですね。

●谷さん:アメリカではもう一般の人にもポピュラーで、よっぽどのことがなければ転覆することもないんですよ。

展示されていたウォーターサイクル ●留美:これなら留美にも何とか乗りこなせそうです!(笑)

●谷さん:普通は二人乗りですが、一人乗りのアウトドアタイプというのもあるんですよ。これは背中の倒し方で進む方向を操作できるんです。ハンドルを付ければ手漕ぎも出来るので、ハンディキャップのある方でも気軽に楽しむことが出来ますよ。

●留美:なるほど〜。ウォーターサイクルは何で出来ているんですか?

●谷さん:素材はポリエチレンなのでとっても軽いんです。解体もできるし車で運べるので、いろんなところに持っていって楽しめますよ。

●留美:そうなんですか。留美もぜひぜひやってみたいです!ウォーターサイクルはどんなところで楽しめるんですか?

●谷さん:普通は安全講習を受けた指導員がいるところで、レンタルで楽しむのが一般的ですね。

●留美:誰にでも海と楽しく触れ合えるマリンアイテムですね。

●谷さん:去年の秋からJWCA(日本ウォーターサイクリング協会)がウォーターサイクルを普及させようとしているんですが、この通り操作も簡単なので日本でもブームになる可能性は十分にあると思いますよ。

アクセスディンギーのペダルを持った留美 ●これが中心部のペダル部分です。
会場内の楽しいショップさんたち●お昼は東京カレーラボにて♪あっつあつの本格カレーで体が温まりました。(写真左)
●雑貨屋さんにて。かわいいグッズがいっぱいでした。(写真右)
オロチ
スーパーカー「オロチ」 夏目柚香●こんにちは♪マリンキャスターの、夏目柚香です。
今年のマリンエンターテイメントショーはエンターテイメント性が強化されたものだそうです。会場内には国際色豊かなダンスや、ファッションショー、ステージがいっぱい!その中、パフォーマンスエリアで見たこともないスタイリッシュな車に遭遇!光岡自動車の磯部さんに取材をお願いしました。


●柚香:かなり人目を引くカッコいいデザインですね。この車が街中を走っていたら相当目立ちそうですね!

●磯部さん:ありがとうございます。一番力を入れたのはやはりデザインですからね。名前どおり、ヤマタノオロチがモデルになってるんですよ。

磯部さんとの2ショット ●柚香:そうなんですか!例えばどういったところがヤマタノオロチなんでしょうか?

●磯部さん:ボディパーツをうろこっぽくしたり、グリルも蛇みたいな口になってるんですよ。ヘッドライドも蛇の目をイメージして作られているんです。

●柚香:確かに、言われてみると存在感あるスポーツカーとして、どんどん蛇に見えてきますね(笑)。色は何色か選べるんですか?

●磯部さん:カラーはオーダーにより300色ほどのバリエーションがありますよ。内装は本皮仕様で、24色から選べます。だから完全にオーダーメイドの色合いに仕上げられるんですよ。

●柚香:オーダーメイドのスーパーカーだなんて贅沢ですね。あとは力を入れたところはありますか?
●磯部さん:他のスーパーカーと比べ、操作が格段に楽なんですよ。従来のスーパーカーは、乗る技術も必要で乗り手を選びがちだったんですが、これはオートマ車なので誰でも簡単に運転できるんです。

●柚香:なるほど、デザイン性と快適性を兼ね備えた車なんですね。

●磯部さん:もちろんナビ・ETC・バックカメラは標準装備です。長距離運転しても疲れにくいんですよ。

●柚香:それは魅力的ですね。日本には今何台ほどあるんですか?

●磯部さん:「オロチ」は50台ほど市場に出ていますが、現在70台の予約が入っているんですよ。全て手作りなので少数しか作っていませんが、一台一台力を入れて造られていますよ。

●柚香:70台の予約ですか!さすが、大人気なんですね。ますますオロチを運転したくなってきました。免許持ってないですけど(笑)。

オロチ試乗中の柚香 ●ドアのフォルム、内装の赤シート、全てがスタイリッシュです☆

迫力満点!
迫力満点!

2ショット
2ショット

運転席
運転席かっこいい♪

ホイール
ホイールもおしゃれ☆

おろち
この角度もいい!

オロチと柚香 横浜開港150周年に向けて、横浜の赤レンガ地区周辺の特設会場で行われたマリンエンターテイメントショーは、今年で3年目。多くのイベントや出展を通して、一般の方々にマリンレジャーの楽しみや海での安全対策をよく知ってもらおう、という心意気が感じられ、とても頼もしく感じました。
海をもっともっとたくさんの人に知ってもらう、という大きな目標に向かって、マリン業界もどんどん明るく、開かれたものになっていくなっていくのだなぁと思いました。

留美 どのブースのスタッフさんも、お忙しい中丁寧に取材に受け答えてくださり、ありがとうございました。
今回エンターテイメントショーを幅広く取材させていただき、誰にでも気軽に楽しめるマリンアイテムや、スタイリッシュなショーを見て、さらに海の魅力に気づかされました。また、マリン業界の方々は皆さん雰囲気が暖かく、いかにも“海人”(笑)という雰囲気で、あいにくの悪天候にも拘らず、会場は暖かな空気に包まれていて、そのことも今回のショーの成功に結びついているのではないか、と思いました。

後半のフローティング会場はこちら

〒236-0007
住所:神奈川県横浜市新ヤマシタ2-4-3-4F
2008 横浜国際マリンエンターテイメントショー運営委員会事務局
公式サイトは → こちら
電話/045-621-3481

留美

エンターテイメントショーという名の通り、来場者の皆さんにとにかく海を楽しんでもらおうというスタッフさん達の意気込みが、かなり伝わってきた今回のショー。通りすがるお客さんの表情も笑顔で溢れていました。 2ショット☆
赤レンガ会場という絶好のロケーションで開催されたため、雰囲気も抜群でした☆
横浜国際マリンエンターテイメントショーのこれからのますますのご発展をお祈り申し上げます。

マリンキャスター活動紹介サイト
マリンキャスタードットコム



event-report:マリンキャスターが主にマリーナ関係のイベントをレポートします。
marine-interview:マリン関連の方々のインタビューコーナーです。
marina-database:全国のマリーナ一覧です。
cruiser-database:クルーザーメーカー、販売店などの一覧です。

■ マリンキャスト運営会社 / 株式会社天堂ストラテジー
公式サイト →   サブサイト →  



copyright