マリンキャスター


marina-report
小樽港マリーナ
日本で最初の第三セクターのマリーナ。
東京夢の島マリーナ
都心から15分の絶好のロケーション。

cruiser-report
クリエイション
超大型艇INFINI80とINFINI110
アインスAリゾート
あのシーレイボートの日本総代理店

event-report
シーボニアマリーナ
マリンフェスティバル
逗子マリーナ
エコフリーマーケット
ボート倶楽部誌とコラボ
東京湾での海遊びを体験

marine-interview
marine-database
cruiser-database

トップページ >> イベントレポート >> ハーバースタッフの1日

逗子マリーナハーバースタッフの1日

到着!40tクレーン
到着!40tクレーン

朝のラジオ体操
朝のラジオ体操

加藤さん、朝礼にて
加藤さん、朝礼にて

釣り大会の写真
釣り大会の写真

このボートで講習会
このボートで講習会

プルを運転中の松村さん
プル運転は松村さん

プルに初乗り♪
プルに初乗り♪

NordWest
NordWest

スクリューが2枚
スクリューが2枚

ナイロン製のスリング
ナイロン製のスリング

下架作業開始
下架作業開始

まずは朝の体操!
倉本詩穏こんにちは!マリンキャスターの倉本詩穏です。今日は伝統と格式のあるマリーナ、あの逗子マリーナさんのスタッフさんの一日の仕事に密着取材をしますよ〜!
さすが、第一級のマリーナさん、仕事への取り組み方が真剣でテキパキしているんです!
朝礼前にスタッフさん全員が輪になって大きな声を掛け合いながら、伸び伸びとラジオ体操をされています。逗子マリーナさんのスタッフさんは皆さん明るくて、とっても元気なんですよ!これからお話を伺うのがとっても楽しみです♪
ではこれから1日、よろしくおねがいします!


ハーバーマスターの吉崎さん ●詩穏:こんにちは!今日は1日よろしくお願いします。まずはスタッフの皆さんは朝からどんな仕事をされるんですか?

●ハーバーマスターの吉崎さん:まずは事務所の外でスタッフ全員で元気に体操します。その後は事務所に戻って、朝礼を行います。

●詩穏:う〜んさすが逗子マリーナさん、体操中の皆さんの声が大きくて本当に元気がいいですね。朝礼ではどんな事をされますか?

●ハーバーマスターの吉崎さん:スタッフ全員の1日のスケジュールをまず確認してから、整備、天気、気温、波の情報、満潮干潮の時刻などを報告した後、最後は大きな声で挨拶の練習を1人ずつ言って終了です。

朝の朝礼風景
挨拶の練習中 ●詩穏:今日の一日のスケジュールはどのようになっているんですか?

●加藤さん:朝9時から受付開始で、それからはお客さんごとに対応していきますよ。うちは1年を通して結構イベントも多いし、イベントがある日は大忙しになっちゃうけどね。

●詩穏:スタッフさんの動きを見ていても、丁寧なのにテキパキしていてとても頼もしいですね。

●加藤さん:ありがとうございます。ところで、今日はレンタルボートの初回免許講習もあるし、結構忙しいですよ。(笑)
●詩穏:はい、詩穏も頑張って皆さんについていきます!(笑)では、これからいよいよスタッフの皆さんの1日が始まりますよ☆

早速、お客様が到着 ●詩穏:午前9時、早速レンタルボートのお客様が到着されました!

●加藤さん:なんとこちらのご主人は、先日カワハギ釣り第2位になられたばかり!よくこの近場で釣りをされている釣り名人さんなんですよ。

●詩穏:実力ある常連さんなんですね。今日は加藤さんはどんなお仕事をされるんですか?

●加藤さん:まずは受付が終わったらお客様と一緒にレンタルボートの艇体チェックですね。その後クレーンで下架作業をしますよ。お客様がマリーナに着かれてから30分以内には出かけられるような感じですね。

●詩穏:おぉ〜手際がいいですね!さて、9時30分。ワクワクした表情のお客さんを乗せてレンタルボート出発です!

レンタルボートで釣りに出かける常連さん(中)、加藤さん(右)、詩穏(左)
●レンタルボートで釣りに出かける常連さん(中)、加藤さん(右)、詩穏(左)

初回講習艇を準備する松村さん ●初回講習艇を準備する松村さん。とにかく運転が上手いんです!


ノードウェストにて
●後半は初回免許講習に同乗させてもらって、海へ。この赤いブイは大切な目標なんですよ。

これから初回免許講習に同乗します
●詩穏:さて、次の密着取材は実際に海に出て行う初回免許講習です。そもそも初回免許講習ってどんなものなんですか?

●松村さん:逗子マリーナでは、レンタルボートを始めて利用するお客様には、約50分程の初回講習を受けていただくことになっているんです。まずは事務所内にて10〜15分のビデオを見ていただいて、海やクルーザーのことを勉強します。その後、実際にボートに乗ってスタッフから直接講習をさせていただきます。

●詩穏:豊富な内容ですね。今回はどんなクルーザーを使うんですか?

●松村さん:レンタルボートの「VegaU」です。さて、10時になったところで救命胴衣を着けて初回講習へ出発しましょう。

●詩穏:やっぱり見るのと乗るのとでは大違いですね〜☆乗ってみると爽快感や迫力が全然違いますよ。初回講習ではどのようなことを海上でされるのですか?

●松村さん:マリーナを出る時は航路が決まっていて、浅瀬や定置網があるため近道をしてはいけないようになっているんです。まずはその説明をします。マリーナ出口には赤ブイと緑ブイがそれぞれ3つずつ浮かんでいるので、それを目印にブイの間を通っていきます。最後のブイを過ぎたら自由に操縦できますよ。まずは僕が操縦しますね。

●詩穏:さすがに運転がお上手ですね。揺れをほとんど感じません!

●松村さん:まぁ一応マリーナスタッフですからね(笑)。定置網や浅瀬がある場所を教えるだけでなく、干潮のときに岸部に出てくる岩を暗岩と言うんですが、その場所なども教えます。それに、どこで何が釣れるかなど、細かいことまで丁寧に説明をします。帰りはお客さんに操縦してもらいますよ。戻ってきたら、係留するためのロープの結び方を教えて、30分位で講習会終了です。
●詩穏:こんなに充実して内容盛りだくさんの講習を受けると、はやる気持ちがどんどん抑えられなくなってきちゃいますね。ところでお客様はこの後レンタルボートでは何をされる予定ですか?

●お客さん:10人で釣りだよ。月に2,3回ここに釣りに来るけど、今回も大物狙っゃうよ〜。(笑)

●詩穏:逗子でワイワイ釣りクルージングだなんて最高の時間になりそうですね。いっぱい釣って楽しんできてくさいね♪

松村さん(左上)、下村さん(右上)、今村さん(左下)、詩穏(右下)
●今日は、午後から大切なお客様がいらっしゃるので、準備に余念がないスタッフさんたち。松村さん(左上)、下村さん(右上)、今村さん(左下)、詩穏(右下)
今回はNordWestを松村さんが操縦を担当されるそうです。また、お子様が2名乗船されるということで、下村さんも同乗されるそうです。
●松村さん:今準備しているのは、逗子マリーナのクラブ艇「NordWest」。42フィートの大型クルーザーなんですよ。
●詩穏:高級感に充ち溢れるどっしりとした優雅さのあるクルーザーですね。

●松村さん:スクリューは最近人気が出ている「デュアルドライブ」なんです。2枚のスクリューはそれぞれが逆方向に回転をし、より良い安定走行を生み出しますよ。
●詩穏:なるほど。2枚のスクリューをデュアルドライブって言うんですね。

プルを操縦する斉藤さん ●詩穏:ヤードでは、マリーナ業務で豊富なご経験をお持ちの斉藤さんが大活躍中! 斉藤さんはヤード業務の大ベテランさんです。早速ですが斉藤さんがいま操縦なさってる機械はなんていうものなんですか?

●斉藤さん:これは「プル」といってクルーザーをヤード上で動かす機械だよ。そのまんまの名前だけど(笑)。実はこれ、1台ウン百万円するんですよ。
●詩穏:ウン百万ですか〜!ところで斉藤さんが仕事をする上で心がけていることはありますか?

●斉藤さん:細かいコツはいっぱいあるけど、やっぱり忙しい時でも沈着冷静に船をおろすことが1番大事なことだね。安全第一だからね。
整備担当の丸川さん ●詩穏:整備担当の丸川さん、こんにちは。今日はどんな作業をされているんですか?

●丸川さん:このクルーザーのバッテリーが上がってしまってね。新しいのと交換したんですよ。でもそれだけだと原因がつかめないので、こうやってテスターで電気回路を調べているんです。原因をはっきりつかまないとまた故障することになりかねませんからね。
●詩穏:なるほどー、よく分かりました。それにしてもとても手際よく作業されていますね。

●丸川さん:ありがとう。といってもまだ整備の仕事を始めて4年なんだけどね。最初は逗子マリーナでマリンクラブやジェットバイク関連の仕事をしてたんですよ。
●詩穏:逗子マリーナさんの様々な業務に幅広く接してこられたんですね。整備のお仕事ってどういったものがありますか?

●丸川さん:整備も幅広いんですよ。エンジンの修理やバッテリーを新しく交換したり、ブレーカーがとんだときにその原因を探ったりと色々で、とにかく整備全般の仕事だね。整備という仕事の性質上、イレギュラーな仕事も多いから、結構毎日忙しいんですよ(笑)。とにかくお客様には安全第一で、気持ちよく乗ってもらいたいですからね。

出航を待つクルーザー ●出航を待つクルーザー。整備も万全、お客様をお迎えする準備は全て完了しました!

下架作業
下架作業

船の点検中
船の点検中

先生役は松村さん
先生役は松村さん!

丁寧に説明
丁寧に説明

目印の赤ブイ
目印の赤ブイ

詩穏もブイ♪
詩穏もブイ♪

お客様と2ショットでブイ
お客様と2ショットでブイ

航路の説明中
航路の説明中

海の上は爽快〜♪
海の上は爽快〜♪

舫い結びの練習中
舫い結びの練習中

いよいよ出航!!
いよいよ出航!!

これから回送のscarab
これから回送のscarab

出航準備の下村さん
出航準備の下村さん

下里さんと2ショット
下里さんと2ショット

斉藤さんと2ショット
斉藤さんと2ショット

これから下架作業
これから下架作業

エンジンの修理中
エンジンの修理中


カタマラン前にて
●逗子のシンボル的存在、カタマラン前にて。なんだか堂々とした風格がでていて、迫力がありますね。


終礼
●さて、今日も一日無事に終了しました。最後はスタッフの皆さん全員が集まって事務所で終礼です。各担当者の方がそれぞれ一日の業務報告をします。管理者の方々が最後にハーバー業務の重要性や、これからの方向性などの挨拶をされて終礼が終わりました。終礼1つでも単なるお疲れ様という挨拶だけではなくて、色々な詳しい報告事項や意見などが交わされ、迫力ある終礼でした。このようにきちんと一日を締めて、明日への新たなる糧とする姿勢には、本当に頭が下がります。
カジキ君 スタッフさんに1日密着取材をしてみて、一番感じたのは何よりもスタッフの皆さん自身が、お仕事を楽しんでイキイキとされているということです。その闊達さがお客さんにも伝わるからこそ、こんなに魅力的でステイタスのあるマリーナさんになるんだなぁと思います。写真は事務所に置いてあったカジキくんと。カジキくんとも仲良くなれたよ♪(笑)

詩穏もハーバースタッフ(笑) スタッフの皆さんは、クルーザーの上下架や整備などの日常の業務から、お客様とのコミュニケーションまで、素晴らしいチームワークのもと、一所懸命に仕事に取り組んでいらっしゃって、詩穏も本当に憧れます。今からデッキブラシを持って精一杯働きたい気持ちです。マリーナのエキスパートであるスタッフの皆さんに忙しい中たくさんの事を丁寧に教えていただき、とても有意義な1日になりました。逗子マリーナさんの益々の御発展とスタッフの皆様の御活躍を心よりお祈り申し上げます。

株式会社リビエラリゾート 逗子マリーナ
〒249-0008
神奈川県逗子市小坪5-23-9
電話:0467-23-2111(代表)/FAX:0467-22-1000
逗子マリーナ公式サイトは → こちら

詩穏
今回はいつもと違った視点で、マリーナ業務とはどんなものか、ヤードスタッフさんに密着取材させて頂きました。皆さん非常にテキパキされていて、声が大きくて気持ちいい応対をされている事に驚きました。やはり第一級のマリーナは違うな!っと心地よい感激を覚えました。

事務所内
「お客さまの為に」という強い思いをスタッフの皆さん一人一人が持たれているな!と強く感じました。

マリンキャスター活動紹介サイト
マリンキャスタードットコム



event-report:マリンキャスターが主にマリーナ関係のイベントをレポートします。
marine-interview:マリン関連の方々のインタビューコーナーです。
marina-database:全国のマリーナ一覧です。
cruiser-database:クルーザーメーカー、販売店などの一覧です。

■ マリンキャスト運営会社 / 株式会社天堂ストラテジー
公式サイト →   サブサイト →  



copyright